ER magazine No.12  

TBPRが発行しているカルチャーマガジン「ER/イーアール」の最新号No.12が8月27日(土)に発売決定です!

20160812_2551358.jpg
TBPR-MAG-012 : ER No.12
¥600(+tax)
Release:2016.08.27(Sat)
Cover | Hiroki Muraoka| BS Nose grind | Photo : Shinsaku



CONTENTS

SKATER INTERVIEW Jimmy Lannon

人並み外れたバネを武器にシンプルでリラックスしたスケートをいつも魅せてくれるジミー・ラノン。かつて日本でのロングツアーも経験。その穏やかな笑顔はどこへ行っても皆に慕われる。多くのファンに愛されMAGENTA skateboardsからプロボードをリリースし続ける彼へのインタビュー。



SKATER INTERVIEW Yuya Okamoto

Organikaからサポートを受け、大阪を拠点に活動を続ける岡本侑也。 その抜群のスケートスタイルには今一層磨きがかかりつつある。ビッグセクションも対応出来る隠れたオールラウンダー。全国にその名を響かせつつもこれまで実現されることの無かった、初となる独占インタビュー。



BRAND INTERVIEW WHIMSY

大阪発のソックスブランドWHIMSY。立ち上げからゲリラ的にPOP UP SHOPや試写会、グラフティアーティストとのコラボ等、独自の世界観でのブランディングを展開中。WHIMSYのフロウを形成するスケーターのライディングカットと共に始動したばかりの新たなブランドに迫る。



PHOTOGRAPHER INTERVIEW Sergej Vutuc

ベルリンを拠点としヨーロッパを中心に世界で活動するスケートフォトグラファー「セルゲイ・ヴトゥック」。他とは一線を画す表現技法は見る者に鮮烈な印象を残す。昨年のアートショーでの来日時に東京、大阪、福岡、仙台で撮影された写真と共に、鬼才とも呼べる彼の内面に迫るインタビュー。



CINEMATOGRAPHER INTERVIEW Colin Read

NYC、ブルックリンを拠点にVX1000で良質な映像を撮り続けるコリン・リード。自身のビデオプロジェクト「Tengu: God of Mischief」ではアイデア溢れる映像表現で大きな話題を集めた。10月リリースされる最新作「Spirit Quest」にも期待が高まっている。日本のスケートシーンからも多大な影響を受けている彼への興味深いインタビュー。



RAPPER INTERVIEW 5lack

MCでありトラックメイカーの5lack。公開が近づく「EVISEN VIDEO」のサウンドトラックも手掛けている。素直な生き方は彼がまた生粋のスケーターであることにきっと強く繋がっている。親交の深いEVISEN代表 南勝己がインタビュー。



PHOTO GALLERY Iseki, Wadapp, Shinsaku, Marimo, Masa, Shohei, Alan Maag



TOUR Color Communications

毎年恒例となった感のある「カラコミツアー」。今回彼らが向かった先は韓国の南部に位置する釜山。ライダー陣は全員負けず劣らずスケートマシーンかつスポットシーカー揃いである。カラコミクルーがお届けする、ストリートスケート版地球の歩き方。



BLUE CORNER Daichi Ishibashi

the Killing floorからサポートを受ける久留米の石橋 大地。スピードとバネを持ち合わせたクイックなスタイルが特徴的。今後の動きが楽しみな一人。



PRODUCT

シューズ、デッキ、アパレル、グッズ等の紹介ページ。

Posted on 16:11 [edit]

category: TIMENESS

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timenesspopstore.blog95.fc2.com/tb.php/3376-de341d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最近の記事

QRコード